毎日お風呂に入ってキレイにしているのに、デリケートゾーンが臭う…。
周りの人にクサイと思われていたらどうしよう。
夫や彼氏の反応も心配…。
実は、こんなお悩みを抱えている人は意外に多いのです。

人にはなかなか聞けないお悩みだからこそ、他の人はどうなのか、自分だけがにおうのかなと気になりますよね。
病気なのかもと思う事もあると思います。

今回は、気になるデリケートゾーンのニオイ解消法を徹底ガイド!
これでデリケートゾーンのニオイのお悩みとは無縁です!

私だけなの?デリケートゾーンがにおう

実は、デリケートゾーンのニオイの原因は、1つではなく様々あります。
そもそも陰部はショーツやタイツ、ストッキングなどで覆われてます。
通気性が悪くムレやすい部分なんですね。

そこに雑菌や刺激が加わると、アンモニア臭を発生させニオイをキツくしてしまうのです。
では、具体的にどんな事がニオイをキツくしてしまうのでしょうか?

デリケートゾーンのにおいの原因10コ

デリケートゾーンのニオイを解消するには、根本的な原因を知る事から。
外的要因はもちろん、内的要因もあるのです。
具体的に詳しく見てみましょう。

①通気性が悪く、汗をかいたりムレたりする

デスクワークなどで、長時間同じ姿勢をしている。
ガードルなど締め付けが強い下着や、サイズが小さめの下着を着けている。
これらは長時間、陰部とショーツを「密着」させる事になるので、さらに陰部がムレやすくなる行為です。

ただでさえムレやすいのに、余計ムレてしまう原因を作ってしまうと、ニオイもますます強くなってしまいます。

また、パンツスタイルや、ナイロンやポリエステル素材の下着も通気性を悪くするので控えた方がいいでしょう。

②石鹸やボディソープが刺激になっている

お風呂で体を洗うとき、石鹸やボディソープを使いますが、デリケートゾーンは、どんなもので洗ってきますか?

実は、体と同じ石鹸やボディソープで陰部を洗うと、殺菌力が強すぎて刺激になってしまいます。

そもそも膣は、「自浄作用」を持っており酸性に保たれています。
この自浄作用がある事で、様々な雑菌から子宮を守っているのです。

市販の石鹸やボディソープは、殺菌力が強く、アルカリ性であるため、このpHバランスを崩してしまいがち。
陰部のニオイをキツくさせる事になるのです。

③食事が偏っている

食事は、バランス良く摂っていますか?
添加物が多いジャンクフードや脂っこいもの、肉中心の食生活は、胃や腸で悪臭の原因となる「悪玉菌」を増やしてしまいます。

体内の悪玉菌は、皮膚や毛穴などから排出されるので、悪玉菌が増えると、結果的に、体臭はもちろんデリケートゾーンのニオイも強くなるのです。

また、アルコールや香辛料、ニンニクなどの匂いが強いものもニオイ成分自体を強くするため、摂りすぎに注意しましょう。

④便秘がちである

便秘とデリケートゾーンのニオイには、関係があります。
実は、便秘になる原因も「悪玉菌」が原因。

便秘は、腸内で善玉菌が減って、悪玉菌が優勢になり腸内環境が悪化している状態です。
膣と肛門はとても近い位置にあるため、この悪玉菌が膣に入り込んでしまう事があるのです。
すると、膣を守っている善玉菌(デーデルライン桿菌)が弱まり、悪玉菌が優勢になってしまうため、陰部が悪臭を放つ事になります。

⑤ナプキンやオリモノシートを長時間変えない

ナプキンやオリモノシートは、普段どの位の頻度で変えていますか?
忙しくてなかなかトイレに行けない時は、変えられないですし、面倒くさいからといってあまり変えない方もいらっしゃると思います。

実は、経血やオリモノは、体から出た瞬間は無臭です。

ナプキンやシートに入っている化学繊維に吸収され、時間が経つにつれムレて雑菌が繁殖しやすくなり、あの嫌なニオイが出るのです。

⑥ホルモンバランスが崩れている

ホルモンバランスが崩れると、アポクリン汗腺を刺激し、自律神経も狂わせます。

すると、ニオイが強い汗をかきやすくなり、ムレやすい陰部がさらにムレる事に…。
生理中は、ホルモンバランスが変化するため、特に陰部のニオイを発しやすくなっています。

ホルモンバランスはとても繊細で、運動不足、睡眠不足、食生活、ストレスなどで簡単に崩れてしまいます。

⑦デリケートゾーンの洗い方が間違っている

デリケートゾーン、正しく洗えていますか?

デリケートゾーンは名前の通り、とてもデリケートな部分です。
ニオイや汚れをしっかり落としたいからといって、ゴシゴシ洗っていると、洗いすぎたり、デリケートゾーンに傷をつけてしまう可能性も…。

すると、膣の「pHバランス」が崩れて自浄作用が働かなくなるため、陰部のニオイを強めてしまう事になり、逆効果なのです。

⑧疲れやストレスをためている

先ほども触れたように、疲れやストレスがたまると、ホルモンバランスが崩れます。
ホルモンバランスが崩れると、アポクリン汗腺から悪臭を放つ傾向になります。

疲れやストレスは、免疫力を低下させるため、膣内の環境が悪玉菌に負けてしまい、自浄作用が上手く機能しません。
ニオイ菌の原因である雑菌を繁殖させてしまうのです。

⑨アンダーヘアの手入れをしていない

あなたは、アンダーヘアの処理をしていますか?

陰毛があると、毛に尿やオリモノ、生理時には経血が付きます。
また、陰毛がある事で、通気性が悪くなっている事も。
それらが、陰部というムレやすい環境にある事で、雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭を放つ原因になります。

アンダーヘアを処理していれば、通気性も良くなり、雑菌が繁殖する原因自体がなくなるのです。

➉ワキガ体質である

ワキガは、脇に存在するアポクリン汗腺から出る強い臭いを放つ汗が原因です。

このアポクリン汗腺は、脇だけではなく乳首や陰部にも存在します。
ワキガ体質の人は、陰部のアポクリン汗腺の量が多くなるため、ニオイが強くなります。

すそワキガとは?

ワキガ体質の人は、脇毛同様に陰毛のアポクリン汗腺も多くなります。

陰毛のアポクリン汗腺から出た汗と恥垢が合わさると強いニオイを発生させます。これが、陰部のワキガ(すそワキガ)というものです。

デリケートゾーンの臭い解消!10の対策法

すそワキガはもちろん、他の原因で陰部のニオイを発している場合でも、きちんとケアすれば、デリケートゾーンのニオイは解消できます。

①陰部の洗い方を見直す

陰部のニオイを取るには、まず洗う事です。
陰部の正しい洗い方は、いくつかあるので、この機会にもう一度見直してみましょう。

丁寧に優しく洗う

陰部は、爪を立てずに「丁寧」に洗いましょう。

ポイントは、指の腹で、恥垢が溜まりやすい陰核や大陰唇、小陰唇の溝を中心にたっぷりの泡で、優しく洗う事。
洗う時は、市販の石鹸ではなくデリケートゾーン専用石鹸を使って下さいね。

洗浄器で膣内洗浄して善玉菌を増やす

生理の終わりかけや性行為の後など気になった時にオススメなのが、膣内洗浄。
膣内洗浄する事で、ニオイの元である悪玉菌を殺し、善玉菌を作る環境を整えます。

この時、気をつけるポイントは、「膣洗浄器」で膣内洗浄をする事!

ウォッシュレットにもビデ機能(膣内洗浄)はありますが、公共のトイレなどは、衛生的ではないので使わないで下さいね。

また、膣内洗浄をし過ぎてしまうと膣内のpHバランスが崩れ、ニオイを強めてしまうのでほどほどにしましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸を使う

デリケートゾーンは、市販の石鹸ではなく専用の石鹸やボディソープで洗って下さいね。
先ほども触れたように、デリケートゾーンのニオイの原因は、洗いすぎてしまう事が原因でもあります。

オススメのデリケートゾーン専用石鹸をご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

ノンアルコールのウエットシートで拭く

外出先で、陰部のニオイが気になった時のオススメが、ウェットシートで拭く事です。
ポイントは、「ノンアルコール」のウェットシートを使う事!
ニオイを取りたいからといって、アルコールのウェットティッシュで拭くと陰部が刺激を受けてしまいます。
デリケートゾーン専用シートはもちろん、赤ちゃん用のおしりふきシートもお肌に優しいので、良いでしょう。

②下着の素材やサイズ感・服装を見直す

通気性が良いコットンやシルクの下着にしたり、夏などムレやすい時期は、締め付けるパンツより、通気性が良いスカートを選びましょう。

サイズ感も大切です。
あまり小さすぎるものだと、肌を締め付けてしまうため、通気性が悪くなりムレの原因になります。
自分にピッタリ合ったサイズを選んで下さいね。

③まめにナプキンを変えたり布ナプキンにする

生理時にはナプキンをこまめに変える意識が必要です。
あまりナプキンを変えられない環境なら、「布ナプキン」もオススメです。

布ナプキンは、生理用ナプキンに使われる事の多い化学繊維を使用していないため、生理時の嫌なニオイを発生させません。
そもそも、生理時の独特な臭いは、経血とナプキンの化学繊維が合わさる事で発生するのです。

また、布ナプキンの場合、通常のナプキンよりも「通気性」が良いため、ムレやかぶれ防止にもなります。

④アンダーヘアを処理する

脇毛にも言える事ですが、脇と同じようにアンダーヘアをキレイに処理しておくと、ニオイの発生を解消する事が出来ます。

陰毛を処理すると、毛に尿やオリモノなどの雑菌が付く事がなくなります。
すると、アポクリン汗腺から出た汗と雑菌が混ざる事もなくなり、物理的にニオイを発生させる事がなくなります。

アンダーヘアは、エステや脱毛サロン、ブラジリアンワックスなど様々な方法で処理出来るので、自分に合ったアンダーヘア処理の方法を試してみましょう。

⑤規則正しい生活を心がける

強いニオイの原因である「ホルモンバランスの乱れ」を整えるためにも、規則正しい生活をする事は、とても大切です。

バランスの良い食事やたっぷりの睡眠、ストレッチや軽い運動を習慣化するなど、出来る事から少しずつ改善して行きましょう。

生活習慣を一気に直そうとすると、ストレスになってしまうため、自分に合ったペースで心がけていく事が大切です。

⑥食生活を改善する

ニオイ菌を発生させやすい肉や高脂肪の食事は控えめに。
ビタミン類や食物繊維が豊富な緑黄色野菜、ワカメやめかぶなどの海藻類を意識して摂りましょう。

これらの食材をバランス良く摂るには「和食」がおすすめ。
腸内環境を改善し、善玉菌を増やし、ニオイ菌の繁殖防止になります。

また、膣内の善玉菌である「デーデルライン桿菌」は、乳酸菌の一種です。

この善玉菌を増やせば、膣内の環境が良くなり、自浄作用を強めてくれるため、清潔に保つ事が出来るというわけです。
デーデルライン桿菌は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と同じ役目を持っています。
乳酸菌を増やすために、「ヨーグルト」を積極的に摂りましょう。

また、民間療法として、スプーン1杯の無糖ヨーグルトを直接陰部に塗るという方法も!
気になった方は試してみて下さいね。

⑦ストレスをためない

膣内の免疫力を高めるためにも、ストレスをためない工夫は大切です。
女性の体はとてもデリケートです。ストレスや疲れは、陰部のニオイを強めるのはもちろん、カンジダ菌の原因にもなります。

普段から、ストレスを溜めない努力をしましょう。
意識的に体を動かしたり、太陽の光を浴びるとストレスに強い「セロトニン」という物質が増えるのでオススメです。
ストレス解消法は、人によって様々あります。
自分ならではのストレス解消法があると、心強いですね。
体のケアと同じ位、心のケアもしてあげましょう。

⑧体の内側からサプリメントで体臭をケアする

日頃の食事で体臭ケアをする事は大切ですが、なかなか一度には変えられないですよね。
そういった場合は、サプリメントの活用が効果的です。

体臭ケアのサプリメントは、アンモニア臭を抑えてくれるものや、善玉菌を増やすサプリメントなど様々あります。
自分に合ったサプリメントを試してみて下さいね。

⑨天然油で保湿する

陰部は、粘膜部分でもありムレやすい部分なので、乾燥とは無縁な気もしますよね。
実は、角質層が薄いため、摩擦によって黒ずみが起こりやすく乾燥しやすい部分でもあるのです。
陰部が乾燥している事で、保湿しようと汗や皮脂を余計に出してしまい、ニオイを強めてしまうのですね。

この乾燥ケアには、「ホホバオイル」がオススメ!

お肌の水分量と油分量を整えてくれます。
酸化しにくい天然のオイルなので、お肌に馴染みやすくデリケートな部分にもピッタリ!

➉腸内環境を改善させる

腸内環境が整うと、便秘解消や善玉菌を増やす事にもなるので、ニオイ菌が発生しにくくなります。

腸内環境は、ストレスや生活習慣とも関係があります。
規則正しい生活習慣や、ストレス発散の時間をとることを心がけましょう。

また、腸内の善玉菌を優位にさせるために、発酵食品や食物繊維を意識的に摂ったり、腹筋などで腸を刺激することも有効です。

ニオイ+黒ずみケアも!おすすめ4アイテム

ここで、デリケートゾーンのニオイケアにおすすめしたい4アイテムをご紹介します。
デリケートゾーンのケアに取り入れてみて下さいね。

クリームでニオイに直接アプローチ!

①殺菌×制汗Wケア!クリアネオ

デリケートな陰部にも嬉しい余計なものが一切入っていない処方で、汗とニオイをWで抑えてくれるのが大きなポイント!

7種類の天然植物エキスと柿渋エキスで、すそワキガのニオイを抑制します。
口コミを見ても、劇的にニオイが改善されたという声が目立ちます。

効果がなければ、返金可能な永久保証制度が付いているのも安心ですよね。

定期購入は、送料無料で1本4980円(抜)。
単品購入は、送料660円で1本5980円(抜)。
※定期購入は、全額永久保証制度付きです。

②柿タンニン抽出物配合!デオプラスラボ

@cosmeでも好評なコチラは、伸びが良く1度塗るだけで効果が持続するという声が多いです。
パッケージがオシャレで、デオドラントアイテムぽくない見た目も人気の秘密です。

「柿タンニン」が、ニオイの原因である雑菌を殺菌し、繁殖を抑えます。
さらにナノ化した緑茶エキスや紅茶エキスがニオイを元からカットします。

即効性があるため気になったらすぐ使えるのも大きなポイント。

定期購入は、初回のみ送料無料で1本4611円(抜)。
通常購入は、送料620円で1本7388円(抜)。
※定期購入、通常購入ともに100日間の返金保証付です。

市販の石けんはNG!おススメソープ

③泡のパック!LCジャムウハーバルソープ

泡でデリケートゾーンを3分間パックするというユニークなソープです。

シンプルな成分から出来ているため刺激を受けにくく、洗い心地や使い心地にも定評があります。
日本人の肌に合うように、ハーブの調合にもこだわっており、ニオイと黒ずみにしっかり作用します。

10年間という販売実績と長く愛用しているリピーターの多さは、説得力がありますよね。

今なら1個1895円(抜)の価格はそのままで、ジャムウシリーズのサンプルが3つ付いてきます。

④ジャムウロンタルハーバルジェルソープ

主成分が水から出来ており、美容クリームと石鹸の役割があるソープ。
ニオイ菌の元である悪玉菌のみを洗い流し、善玉菌を残してくれるため、膣内環境を整えてくれます。

ナチュラルなハーブが13種類もブレンドされていて、陰部のニオイをケアしながら黒ずみもケアしてくれる頼もしいコスメです。

見た目は、チューブタイプで洗顔フォームのような形状なのでデリケートゾーン用ぽくない所も高評価です。

今なら2本で5694円が、20%OFFの4590円(抜)。
4本だと9964円が、32%OFFの6750円(抜)。

まだ臭う時は病気かも!?症状をチェック

ご紹介したニオイケアを試してもまだ陰部が臭う場合は、病気の可能性があります。
ニオイを伴う病気を以下にまとめてみました。

もし、当てはまるようなら早めに婦人科へ行きましょう。

①トリコモナス膣炎

黄色いオリモノが増えにおいがキツい

主に性行為で感染する病気ですが、浴槽や便器などから感染する事も。
臭いが強い泡状のオリモノや、陰部に強いかゆみや痛みを感じる事もあります。

②カンジダ膣炎

かゆみや痛み・酒粕のようなオリモノが出る

カンジダ菌は、私たちの皮膚にいる常在菌の1つ。
性行為の他に、ストレスや疲れなどで免疫力が下がっていると、発症しやすくなります。
善玉菌であるデーデルライン桿菌のバランスが崩れ、カンジダ菌が悪さをするのです。

③クラミジア

オリモノの量が増えニオイがキツくなった

クラミジアは、性病の中でも感染率が最も高い病気です。

性行為から感染する病気で、自覚症状を感じない場合も。
主な症状は、オリモノが増えたり、下腹部に痛みを感じたり、出血する事があります。
少しでも不調を感じたら、病院へ行きましょう。

④淋病

膿みのようなオリモノが出て排尿痛を伴う

クラミジアの次に多い性病が、こちらの淋病です。

性行為によって感染し、男性に比べて、女性は比較的症状が軽いので、病気が進行するまで分からないといったケースも。
自覚症状は、膿みのようなオリモノが出たり、陰部のかゆみや排尿痛を感じます。

⑤細菌性膣炎

刺激臭のあるオリモノが出て皮膚がただれる

何らかの原因で、膣のpHバランスが崩れ、自浄作用が機能しなくなり、起こってしまう病気です。

ホルモンの影響などで、誰でも発症する可能性があります。
生臭いオリモノや排尿痛を伴う事も。繰り返しやすい病気なので、根気良く治療する事が大切です。

デリケートゾーンのニオイは抑える事が出来る!

不潔にしているつもりではないのに、デリケートゾーンがにおってしまうのはショックですよね。

デリケートゾーンのにおいは、とにかく清潔を心がけて雑菌を発生させない事が大切です。

生活習慣を見直し、質の良い食事を摂り、体の内側からにおいを作り出す元を除去しましょう。
同時に、専用コスメの使用や、ヘアの処理、下着にも気を配るなど外側からもにおい対策を。

どれも特に難しい事はありません。
友達にも相談しづらいからこそ、誰にも知られずに自分でデリケートゾーンのにおい対策が出来るのは安心ですよね。

デリケートゾーンのにおいが気になったら、明日からでも生活習慣に取り入れて自分に自信をつけましょう!

自分ってワキガ?ワキガチェックはこちら